So-net無料ブログ作成
検索選択

痛みが強すぎる歯は麻酔が効きにくい

「痛くてどうにもなりません。なんとかしてください」

と言われたとき、結構困ります。

痛みを我慢して我慢して、限界まで我慢した歯は麻酔が効きにくいんです。

麻酔が効かなければ当然削れません。
そんな時は抗生物質を飲んでもらって炎症を抑えるか、痛み止めを飲んでもらって1時間ほど待ってもらってから治療を開始するか、ということになりすぐには何ともならないことが多いです。

なぜ麻酔が効かないのか?
炎症を起こしているとpHが低下するため麻酔が効きにくい、ということに加えて
歯髄炎が続くことによりナトリウムチャンネル遺伝子の変異が生じ、麻酔薬に抵抗性のある
ナトリウムチャンネル(テトロドトキシン抵抗性ナトリウムチャンネル)が産生されるそうです。

痛みがあるときは我慢せず、できるだけ早く治療を受けることをお勧めします。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。