So-net無料ブログ作成
検索選択

妊娠中の歯科治療

妊娠中の歯科治療は、

「合併症がなければ、いずれの時期でも歯科治療は可能であるが、緊急性のない場合は、治療は妊娠中期の安定期に行うのが安全である」

とされています。最初の3か月と後の3か月は緊急性がない場合は治療を行わないようにしています。

麻酔が必要であったり、投薬が必要になったりすることがあります。レントゲン撮影も必要な場合が出てきます。

できるだけ妊娠前に口の中全体を調べてもらって悪いところがあれば治療してしまい、口の中に不安要素がない状態で安心して赤ちゃんを産んでもらいたいです。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。