So-net無料ブログ作成
検索選択

矯正治療で歯並びを治すとスポーツのパフォーマンスは上がるのか?

当院に通院していただいているプロゴルファーの方が「友人が矯正治療をしたら飛ぶようになったと聞いたので歯並びも気になるし矯正したい」とおっしゃっていました。

先日参加してきた補綴学会の中で「スポーツに対して歯学・歯科補綴学が果たす役割」というタイトルの講演がありました。

そこで講師をされたJOCのオリンピック強化選手の歯科治療を担当された先生と、そのことについてお話させていただきました。

結論から言うと「スポーツのパフォーマンスを上げることを目的とした矯正治療はお勧めしない」ということでした。

オリンピックの強化選手の中にも矯正治療している方がいて、実際、矯正治療を始めてからパフォーマンスが上がる選手もいるそうです。

しかし、パフォーマンスが上がるのが、日頃の練習の成果が出始めたためなのか、矯正治療を始めたためなのか、どちらが原因なのかわからない、ということです。

パフォーマンスがあがりかけている時期にたまたま矯正治療が始まった可能性もあるわけです。

実際、矯正治療が終了してからパフォーマンスが下がった選手もいるそうです。

下がった理由が矯正治療が終了したからなのか、選手としてのピークが過ぎたからなのかどちらかわからない、ということです。

以上のことから効果があるのかないのかわからない治療方法をパフォーマンスを上げることを目的にするべきではないということです。

マウスピースを使うと力が入る、という話が出てきています。

マウスピースを使ってパフォーマンスが上がった、下がったということならマウスピースを使わなければ簡単に元の状態に戻すことができますが、矯正治療をして逆にパフォーマンスが下がって「元に戻してほしい」と言われてもそれは不可能です。

効果の根拠が曖昧な不可逆的治療方法は慎重に行いましょう。

あが歯科医院
http://www007.upp.so-net.ne.jp/aga-dental-c/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。