So-net無料ブログ作成

歯が無い部分の治療方法

歯がなくなった場合には以前にも書かせていただきましたが治療方法が3種類あります。

1.インプラント
2.入れ歯
3.ブリッジ
です。

インプラントは初診料、再診料などその全てが自費診療になります。
健康保険は一切使用できません。

入れ歯は健康保険適用のものと適用で無いものがあります。

健康保険適用の物はプラスチックの部分が大きく分厚くなるため違和感が大きくなります。

また、印象材の種類の違い、作ってくれる技工士さんの違いで入れ歯の精度が大きく変わります。
作成の過程も保険と自費では変わってきます。
(同じ過程で作るところもあるかもしれませんが私は自費の入れ歯は工程を多くしてより、精度が高くなるように工夫しています)

入れ歯は技工士さんの技に関わる部分が大きいので自費と保険の違いが大きく出ます。

ブリッジは場所によって保険の物と自費の物の違いがあります。

セラミック、ハイブリッド、金合金でできている物は全て保険適用外です。

保険で白くできるブリッジは場所によって様々異なりますので、ブリッジになる場合は「保険だとどこまで白くできますか?」としっかり相談していただいて納得した上で進めてもらうのが一番いいと思います。

「こんな場所が銀色になるとは思わなかった!」と言われて相談に来られる方もいらっしゃいますので。

健康保険は見た目は重要視されていませんので見える場所でも案外銀色、ということが多いのです。

あが歯科医院
http://www007.upp.so-net.ne.jp/aga-dental-c/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。