So-net無料ブログ作成

根管治療か?インプラントか?

保険診療と自費診療の違いの話の途中ですが、気になる話があったので一つご紹介します。

東京に住む私の親戚の女子大生が、「この歯は抜いてインプラントにしましょうと言われたけどどうなん」と口の中を見せてくれました。

パッと見たところ根管治療で十分治るのではないかという印象でした。

担当医の説明では「根管治療の予後はインプラントの予後よりも悪いから根管治療するよりインプラントにした方がいい」という説明だったそうです。

さてどうでしょう?

確かに根管治療の成功率よりインプラントの成功率の方が高いです。
しかしこの二つの治療方法を並べて考えていいのでしょうか?

根管治療は歯を残すための治療方法。
インプラントは歯がない所に歯を作る治療方法で、治療の目的が違います。

欠損補綴という分野でインプラントと入歯を比較したり、インプラントとブリッジを比較するのは妥当だと思いますが、根管治療とインプラントを比較するのは無理があります。

根管治療してダメだったらインプラント、と考えるべきであり根管治療せずに抜歯してインプラント、というのは早計だと考えます。

今はセカンドオピニオンを気軽に受けてくれる医院も増えているので疑問を感じたときはセカンドオピニオンを受けられるのもいいと思います。

あが歯科医院
http://www007.upp.so-net.ne.jp/aga-dental-c/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。